よくある質問

MENU

一般歯科

予防歯科

インプラント

審美歯科

ホワイトニング

小児歯科

口腔外科

矯正歯科

入れ歯

インターネットからの予約はこちらから
患者の気持ち

~安心と通いやすい歯科医院であるための千歳歯科9つのこだわり~

PMTCとは何ですか?

PMTCとは、プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の略です。
日本語に直訳すると「歯科専門家による機械的なお口の清掃」ということとなります。
当院では、虫歯や歯周病予防の為、PMTCに力を入れております。
実際にPMTCを経験されると歯医者のイメージの痛いというものではなく、心地良いと感じられる患者様がほとんどです。
つまり、歯医者には悪くなってから行くのではなく、悪くなる前に行けば決して怖いところではないということですね。

3DS(Dental Drug Delivery System)とは何ですか?

3DSとはトレー(マウスピース)を用いて歯の表面に抗菌剤を一定の時間作用させ、虫歯や歯周病の原因菌を除菌する予防法です。


3DSは次のようなお悩みをお持ちの方にお勧めします。

・これまで虫歯に苦しめられてきた方や歯をきちんと磨いているのに虫歯ができやすい方。
・これから歯が生えてくるお子様が周囲にいる方。特に母親で虫歯の多い方(母子感染の予防)
・唾液検査の結果、虫歯や歯周病の原因菌の多い方。
・少しでも虫歯のリスクを減らしたい方。

咬み合わせが悪いとどうなりますか?

咬み合わせが悪いと関節症状だけでなく、歯を支えている骨を破壊し、部分的な歯周病を引き起こします。
バランスの良い咬み合わせは、健康的なお口を維持するのにとても重要です。
当院では定期的な咬み合わせのチェックを行なっております。

インプラントの手術は痛くないですか?

インプラントを行う際の痛みに対する心配はあまりないかと思われます。
なぜなら、手術を受ける前に麻酔をするからです。
ただし、抜歯する際に感じる痛みと同じぐらいの軽いものだとお考え下さい。

インプラント治療は何歳まで受けることが出来ますか?

骨の成長は、概ね18歳くらいで止まります。
従って、18歳以上であればインプラント治療を受けられます。
コントロールされていない重度の糖尿病などの全身疾患がある場合は、インプラントが出来ない場合もありますが、ご高齢の方でもインプラントをすることが可能です。
一般的には80歳くらいまでと言われています。

インプラントはどのくらいもちますか?

人工歯根部分に使用するチタンは非常に安定した金属なので、インプラント自体がだめになることはありませんが、歯周病などで歯肉や歯槽骨にダメージがでると、インプラントを支えきれず抜けてしまうことはあります。


つまりインプラントも天然歯と同じようにしっかりメンテナンスをすれば、永くしっかりと噛めます。


当院ではインプラント後の定期的なメンテナンスを行いますので、ご安心下さい。


尚、インプラントに使われるチタンは安定した金属なので金属アレルギーの原因になることはほとんどありません。

審美歯科とは何ですか?

最近、審美歯科という言葉をよく聞くようになってまいりました。
今までの歯科医院の仕事のメインは虫歯や歯周病を治療したり、予防したりといった機能回復治療が大部分でした。


しかしながら医科のいわゆる美容外科と同じように、歯科の分野でも歯の色を希望通りにしたい、歯を希望通りの形にしたい、歯肉と歯の境目のアーチをもっとキレイにしたいなどのご要望にお応えする審美歯科という治療法が今注目を集めております。

フッ素塗布でどのくらい虫歯を予防できますか?

乳歯や生えてきたばかりの永久歯は虫歯菌に対しての抵抗力が低く、虫歯になると早く進行してしまいます。
フッ素入り歯磨き粉の使用で20%程度、歯科医院でのフッ素塗布で50%程度の効果があります。
尚、歯科医院でのフッ素塗布は高濃度の為、非常に効果があります。

ホワイトニングは安全ですか?

当院のオフィスホワイトニング(ビヨンドライト)は発熱がなく、紫外線も完全にカットされているので歯に安全です。


治療時間もおよそ50分で終了します。
はじめての方は、白さを持続させるために続けて2回以上のホワイトニングを行うことをお勧めします。

ホワイトニングは痛くありませんか?またどのくらい白さが持続しますか?

ホワイトニング後には人により刺激感がでます。
これは過酸化水素による脱水症状が原因で歯には問題なく、24時間以内に元の状態に戻りますので、ご安心下さい。


また白さの持続には、嗜好、色に対する感覚、歯の構造により個人差があります。
髪が伸びたら美容院に行くように「色がついてきたな」と思った時が次のタイミングです。